FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤目自然農塾5月日曜2012

これは5月13日の記事です。



DSCF7650.jpg
小麦、大麦の様子
学びのために、時期をずらして種まきをしました。


DSCF7651.jpg
大麦は10月に種まきしたので、
時期が早すぎて、からすのえんどうに
からまれ、引き込まれています。
やはり適期の11月に蒔かないといけないね。


DSCF7625.jpg

DSCF7653.jpg
稲の苗代の、雑草を引き抜いて、
米ぬかの補いをしている。
米ぬかの量は蒔いた種籾の1~3倍です。
苗にかかった米ぬかは払い落としておきます。
ひえといねの見分け方は、以前書いた記事を参考に。

赤目自然農塾6月日曜2010

赤目自然農塾7月臨時2010

赤米の陸稲は茎が赤いものがあるみたいですね^^
水稲は茎が白いです。
というか、赤米って水稲と陸稲用があるの??
1種類しかないと思ってたよ!!


DSCF7627.jpg
この穴はいのししの被害ではなく、
ごぼうを収穫した後です。
どうしても土を耕すことになってしまうので、
次からは長さの短い品種のごぼうにするそうです。


DSCF7629.jpg
菜の花の種が出来ているその間にモロヘイヤの種を点蒔きにする。

DSCF7630.jpg
草を刈り。

DSCF7631.jpg
土をほぐして、
10粒づつ株間70cmで蒔いていた。(種がたくさんあったから)
最終的には1本にします。

DSCF7632.jpg
雑草の混じっていない下のほうの土で複土し、
土を乾燥しないように鎮圧して、

DSCF7633.jpg

DSCF7634.jpg
草をかぶせて完了。


DSCF7635.jpg
いちごの間に黒もちとうもろこしを
1粒づつ点蒔きにしていた。(種がないから)
35cmくらいの間隔で、2条にする。(風で受粉しやすいように)
ちなみにいちごの収穫が終わるまで、ランナーは切ります。
収穫が終わってからでもランナーは間に合います。
たたみ一畳に対して1株で子株孫株を作る。



その他には、かぼちゃ、おくら、エンサイ
などの種を蒔いていた。
ウリバエにウリ科の野菜の茎を切られることがよくあるが、
周りに草があると大丈夫。


DSCF7642.jpg
もぐらの死骸があったww
めずらしいこともあるもんだ。毛並みがきれい。



次は自分の田んぼの苗代へ。

DSCF7654.jpg

DSCF7655.jpg
う~ん。 だめだこりゃwww
被せていた草は荒らされていないようなので
鳥の被害ではないだろうけど、
苗が数本しか生えていなかった。

おそらく、おけらの仕業でしょう。


今日の学びの途中で、珍しい現象が起こった。

DSCF7639.jpg
太陽の周りに虹が出来ていた。

DSCF7640.jpg
その下にはもう一つの虹が・・・

日暈(ひがさ、にちうん)というらしい。


今日の川口先生

DSCF7637.jpg
今日は日暈を見上げる川口先生www


にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

Comment

Secre

プロフィール

ヨハンケケー

Author:ヨハンケケー
こんにちわ ヨハンケケーです
奈良県王寺町より、

わかりやすい自然農

バイク(三輪バイク)でのツーリング

私主催の演奏会(ドレミ響和国)

をお送りします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。