スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤目自然農塾7月31日日曜臨時2011 その壱

どうも、神様見習いのヨハンケケーです。(´・ω・`)


↑まだそんなこと言ってるヤバイ子発見(゚д゚)!



今日は臨時の学びです。
田んぼの草刈りを小まめにしないといけない時期なので
臨時の集合日になりました。

人が少ないよ。今日は学びの日ではないみたいだ。
30人くらいしかいないんじゃないかなぁ?

DSCF6566.jpg

DSCF6568.jpg
実習田の様子

DSCF6569.jpg

DSCF6602.jpg
まずは1列置きに草を刈る。
(急激な変化を田んぼにさせない、虫の棲み所をなくさない)

早生の稲は7月いっぱいまでで草刈りを終える。
8月10日で中手も晩生も草刈りを終える。
それ以降は、稲は茎の中で幼穂の形成をするので
田んぼに立ち入って、根を損ねないようにする。
草刈りも根を切らないように、土の中まで鎌を入れてはいけません。
しかし、雑草の茎を残すと、この時期はすぐに伸びてくるので
地面すれすれで刈るのが良い。

8月以降は、米でも夏野菜でも根が地表まで張っているので、
地上5~10cm草を残して刈ると良い。

赤目では、ほぼ全員が早生の赤米を育てているので、
時期が少し遅いのだが、8月2週目を最後の草刈りにするみたいです。

草刈りをするときに、どうしても稲が折れるものが出てしまうが、
また分けつするので、気にしなくてよい。



畦道に黒豆を植えているが、10月中頃から枝豆として食べられる。

DSCF6570.jpg

DSCF6571.jpg

DSCF6574.jpg
川口先生アップw

DSCF6575.jpg
黒豆の草刈りをするときに、草を被せるかどうか考えよう。
被せて、肥料過多になると豆ができないし、
被せないと、土が乾燥する。
状況を見て判断しよう。

いんげんの種蒔きは8月初め。
夏に開花しても子供を作らない。



DSCF6576.jpg
これは「けらばなし」と言って、
おけらを離すという意味からきているかもしれない。

DSCF6577.jpg

DSCF6599.jpg

DSCF6600.jpg

DSCF6601.jpg
畦塗りをしたところを、表面を少しクワで削って
水をかけて塗りなおす。



黒豆が発芽しなかったところに、小豆を蒔く。

DSCF6579.jpg
クワの角で土を掘り、

DSCF6580.jpg
2~3粒の小豆を蒔いて、

DSCF6581.jpg
土を少し被せる。

DSCF6583.jpg
周りの草を刈らず、土の鎮圧もせずに、細かい草を被せて完成。



DSCF6587.jpg
稲が赤くなって枯れているときがある。
それは茎の中に螟虫(めいちゅう)がいるかもしれない。
螟虫は年に3回ふ化して稲に卵を産みます。
苗代にいたら、苗に広がるので、
見付けたら指でつぶしましょう。(ぬか蛾と同じもの)

DSCF6585.jpg
川口先生スマイルw

田んぼでは養分過多になると、
ウンカやカメムシが大量発生することがある。

ウンカ(浮塵子)は、一般的に稲の害虫です。
茎の養分を吸い取って枯らしてしまう、
稲作で1番恐れられている、小さなセミのような虫です。



DSCF6588.jpg
赤目では常に人が水管理をしているわけではないので、
水は掛け流しの状態です。
そんなときは、写真のように地面からひたひたの状態がよいです。

水を張り詰めっぱなしにすると貧弱な苗になります。
自然農に切り替えたばかりの、草のない田んぼでは
水は張りっぱなしのほうがいいです。

自分で田んぼの水管理をする場合は、
水が5~10cm溜まったら、水を止めて、
水が無くなったらまた入れるというやり方です。


この時期、大切なのは「かぶすけ」と「女装・・・違うっ、除草」です。(;´∀`)

DSCF6590.jpg
かぶすけとは、分けつが広がらずに、真っ直ぐ伸びていたら、
深く植えすぎなので周りの土を避けてやったり↑、
枯れ草が苗の周りに被さって、
分けつの妨げになっているところを、草を避けたりする作業です。


その壱はここまで。つづきはその弐へ。
こんなに文字を打っているのに、ブラインドタッチが出来ないのは仕様です。
両手人差し指打ちで必死に書いてます(; ・`д・´)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

Comment

Secre

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

役立つブログまとめ(社会貢献): 関西地方の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓

関西地方の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

プロフィール

ヨハンケケー

Author:ヨハンケケー
こんにちわ ヨハンケケーです
奈良県王寺町より、

わかりやすい自然農

バイク(三輪バイク)でのツーリング

私主催の演奏会(ドレミ響和国)

をお送りします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。