スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤目自然農塾7月10日日曜2011

ブログタイトルを「自然農法やってみりゅ」から
「自然農やってみりゅ」に変更しますた。


DSCF6471.jpg
昨日は山荘に泊まらずに、今日の朝から赤目に来ますた。

DSCF6473_convert_20110716115245.jpg
田んぼのみぞ
左の畦道には、大豆が育っている。
水稲は水が動いていると温度が下がるので、
掛け流ししないほうがいいみたいです。

草刈りは8月10日くらいが最後です。
水は9月いっぱいまで入れます。


DSCF6475.jpg
田んぼの草刈りは1列置きにする。
田んぼに急激な変化を与えないためと、
虫達の住み処をなくさないためです。

赤目では次の臨時の学びの日まで来ないので、
最終的には全て草刈りしました。

DSCF6477.jpg
草を刈った所に小麦のガラを撒く。
田んぼで出たものは、田に帰します。

次は畑へ

DSCF6478.jpg

DSCF6479.jpg
冬瓜の周りの草刈り
少し草を刈るのが遅いようです。
蔓の伸びているところまで、根も伸びていると考えた方が良い。
蔓の隙間から出てくる草も刈らないと負けます。まだ生育段階なのです。
瓜類は周りに草があるとウリバエに食べられないそうです。

DSCF6480.jpg
大根の種を採取
茎ごと刈り取ったものを、まとめてくくり、軒下に吊るして乾燥します。

DSCF6481.jpg

DSCF6483.jpg
モロヘイヤとつるむらさきの苗を定植しました。
梅雨が明けて、日照りが強いので土を裸にしないように、
草刈りはせず、苗の周りに刈った草を被せておいた。

DSCF6482.jpg
ごまのばら撒きした畝は沢山育っている。

DSCF6491.jpg
ゴーヤが育ってきているので支柱を立てる。

DSCF6492.jpg
笹を3本束ねてくくっている。

DSCF6490.jpg
他の畝
左はにんじんの花、右にはごぼうが育ってきている。

さつまいもの蔓を植えていたのだが、
芋もないのにサルに掘り返されていた。

キャベツが出来ていたので収穫。

ポットで苗を育てる場合は、
畑の土に、山の腐葉土を混ぜて種降ろしすると良い。

小麦は原麦の状態で保存するのが望ましい。
粉にすると、酸化するので一週間以内に食べるとよい。
おやきや、すいとんにすると美味しいらしい。

DSCF6485.jpg
取材を受ける川口先生。


次は自分の田んぼへ
DSCF6486.jpg
相変わらず、畝の上までは水が来ていない;;
まあ赤米は強いから育つことは育つだろうね。
田植えをしてから日が経っていないので、
草は少ない。

DSCF6489.jpg
でも、このままほっておいたら、
次来た時に大変なことになっていそうなので
1列置きに草を刈っておいた。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

Comment

Secre

プロフィール

ヨハンケケー

Author:ヨハンケケー
こんにちわ ヨハンケケーです
奈良県王寺町より、

わかりやすい自然農

バイク(三輪バイク)でのツーリング

私主催の演奏会(ドレミ響和国)

をお送りします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。